土岐市 歯科 歯医者 みきえだ歯科

虫歯治療・矯正歯科

こども歯科について

マイクロクラック(ヒビ)乳歯はいずれはえ変わるから、とないがしろにされがちですが、永久歯のよい歯並びを育む、歯を大切にする心を育むという点で乳歯のうちから治療や予防を行うことはとても大切だと考えております。
乳歯のむし歯治療や生え変わりが正しく行われているかチェックをすること、口呼吸など歯並びに悪影響を及ぼす習癖を早期に発見して改善することは、大人の歯の歯並び、顎の成長において、本来その子が持っている力をできる限り引き出すことにつながります。

当院では、特に生え変わりの時期はお口の中の変化が著しいため、定期的な受診をすすめております。お口のことで不安、心配ごとがあれば気軽に聞いてください。
お子様の通いやすい歯医者に
子供は「正直な大人」とも言われます。怖いものは怖い嫌なものは嫌と言います。歯医者さんは怖い、痛いのネガティブな側面を少しでも減らせればと取り組んでおります。キッズルーム また、お父さんお母さんが治療のあいだ横で同じ空間の中で遊べるファミリー診療室もその一つです。お父さん、お母さんが通いやすいと感じることは、お子さんにも伝わります。 キッズコーナー、ファミリー診療室、授乳室、オムツ替え台も準備しております。 託児サービスをご希望の方は、事前予約制にしておりますので、電話、受付で一声掛けてください。
託児サービスご利用上の注意事項
  • 予約制です。歯科治療をご予約の際に一緒にご予約ください。その際にお子様のお名前、年齢をお伝えください。
  • お子様のオムツ・着替え等必要なものがあればご持参ください
  • お子様の体調がすぐれない等、お子様のご様子によってはお預かりができない場合がございます。
  • 生後3か月~年少(3歳児クラス)までのお子様のみお預かりできます。
  • 保護者様の治療時間外のお預かりはいたしかねます。
  • 託児時間中のケガ・発熱等の場合は、至急保護者の方にお声掛けさせていただきます。
  • 託児時間中は最大限の注意をいたしますが、不可避の事故もありえる事をご了承の上、お申込みください。
  • 託児をキャンセルされる場合は、事前に歯科医院へご連絡ください。
  • 託児サービスは無しで、キッズルームで流すDVDの貸し出しのみも可能です。
子供のむし歯について
歯の表面では「歯が溶ける(脱灰)」「歯が元に戻る(再石灰化)」を常に繰り返しています。
歯が溶ける時はムシ歯菌が出す酸がキッカケになり歯の成分であるカルシウムとリン酸が溶け出してしまいます。
脱灰このようにむし歯になってしまいます。
むし歯があることで、大人の歯がはえるスペースがなくなってしまったり、むし歯が大きく根っこの先に膿がたまると準備していた大人の歯が避けるように違うところから生えてくることがあります。また、子供の歯は抜けるからむし歯になってもいい、と考えがちですが、子供の時のむし歯が多いと大人になったときのむし歯の数も多いというデータもあります。
当院では、みなさんが「長く健康で笑顔でいられること」を第一に考えています。
お口の中の健康、そして全身の健康がえられるように積極的にサポートしていきます。
お口そして全身の健康をサポートムシ歯になりたいひとはいません。
ムシ歯になってしまうと・・お菓子をいっぱい食べてるから?歯みがきが足りないから?と原因を考えます。
しかし、何となく原因が分かるような分からないような・・そのまま対策を取らないと・・また、数ヶ月後、違う場所がムシ歯になったりします。
ムシ歯は原因と予防法が分かっている病気です。しかし、ムシ歯になるリスクは人それぞれ違います。
当院ではお子さんがどれくらいムシ歯にかかりやすいか、またムシ歯を防ぐ防御力がどれだけあるかをしっかり検査し、総合的な判断からその子に対して、お口の中の健康を管理するプログラムをオーダーメイドにつくり、ケアを行なっていきます。
歯を削られておしまい、でなく今後歯を削らないようにするにはどうしたらいい?に重点をおいて診療にあたっています。

また、治療のアニメーションやお口の中のお写真をモニターに映して、付き添いの方だけでなく、子供さんにも視覚的に伝え歯科医院、子供、親の3者が一緒になって子供の歯を守っていくことを重視しております。一緒になって子供の歯を守っていく

歯を強くするには?
脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、歯が溶け穴が開いてしまうと、その状態がむし歯となります。歯を強くするには、脱灰の力を弱め、再石灰化の力を強めることです。
例えば、脱灰の力を弱めるには、食習慣でのコツ、虫歯菌を弱めるキシリトールの応用など、再石灰化の力を強くするために、メンテナンス時の歯のコーティングや普段の歯磨き粉の選び方などたくさんポイントがあります。
再石灰化みきえだ歯科では、治療だけでなく、お口に関連するアドバイスもしていけたらと考えております。

こども矯正

こども矯正とおとな矯正の違い
こども矯正は身長が伸びている時期、歯の生え変わりが起きている時期に行う矯正です。
顔付きが大人になってくるのと一緒でお口の中もどんどん変化する時期のため、歯の位置をだいたい綺麗にすることは可能ですが、正確に歯の位置を矯正することは困難です。

では、こども矯正なしでおとな矯正だけでいいのでは?と思われるかもしれません。
確かに、両方とも「矯正」ですので混同しやすいですが、当院ではこども矯正とおとな矯正で目的が全く異なり、こども矯正にできて、おとな矯正にできないこと、逆におとな矯正でしかできないことがあります。

こども矯正にしかできないことに、顎の成長を助けることがあります。
本来お子様には、それぞれ大きくなるはずの顎の成長(歯が並ぶためのスペース)があります。しかし、口呼吸誤った飲み込み癖などの口腔習癖や、生えてきた大人の歯の位置関係顎の成長を邪魔してしまうケースが非常に多いです。
つまり、「顎が小さい、歯がガタガタする→親の歯並びの遺伝」と以前は片付けてしまいがちでしたが、実はそれだけでなく歯並びは後天的な環境的因子が大きくて影響しています。当院の考えとしては、こども矯正の目的は、顎の成長を助け、大人の歯が生えるスペースの確保を手助けすることを意識して行なっています。

また、こども矯正は、1番虫歯になりやすい時期、思春期に入っていく時期(多感な時期)のため、「痛くない、装着する負担が少ない、虫歯になりにくい」極力負担の少ない装置で必要最小限の治療介入を心がけています。次にご紹介するMyobrace矯正もその1つです。

但し、必要最小限といっても、受け口の改善、一部の歯のクロスバイト、乳歯の根吸収不全の生じた交換期障害など、この時期に治療介入しないといけないこともいくつかあります。
逆に、成長段階のため、お口の中の噛み合わせも変化し、その変化を待たないと予想がつかないことが多いので、様子を見ていって十分なのか、治療介入するメリットの方が大きいのかを慎重に吟味し相談できればと考えております。
因みにおとなの矯正の目的は?おとな矯正の目的は、歯並びを綺麗にすることだけではありません。主な目的は、歯が長持ちするかみ合わせにすることです。
毎日、診療をしていると残念ながら、歯磨きをとてもきれいに行っているにも関わらず、歯の崩壊スピードが早い方がみえます。このような方の多くが、かみ合わせに問題を抱えています。

かみ合わせとは、パッと見かけでは判断しにくく、歯科医師に指摘されて初めて気がつく方が多いです。当院では、「歯の長持ち」の観点から、見た目の歯並びだけでなく、かみ合わせについても診査、診断し説明していきます。
当院の成人矯正について詳しくはこちら>>
Myobrace矯正について
マイクロクラック(ヒビ)当院のこども矯正では、必要に応じてMyobrace(マイオブレイス:マウスピース矯正誘導)という、オーストラリアのDr. Chris Farrellが提唱するマウスピースを用いた小学生の時期を中心に行う機能的矯正方法を用いています。
※初診で来られる年齢によっては、第一大臼歯の位置が本来の位置から既に大きくズレてしまっていたりすると、myobrace単独での治療は不向きなので、別の装置を用いることもあります。

私はMyobrace矯正に出会うまでは、小学生頃の子供さんの歯がガタガタしてる→顎を拡げましょう(拡大床)や歯をストレートにしましょう(リンガルアーチ、ブラケット矯正)を主に用いていました。一般的に用いるポピュラーな方法です。
しかし、従来の矯正方法は装置を外してからのいわゆる後戻りにたびたび悩まされました。どの矯正方法を選択したら、後戻りが少ないのだろう、歯並びがきれいになるのだろう。答えを模索するように、様々なセミナーに参加したことを今でも覚えています。

そんなときに、Myobrace矯正に出会い、学んだことは最も根本的で当たり前のこと、そしてなおざりにしていたこと「なぜ、ガタガタになったの?」です。
根本的な原因を考えずに、どう治すのかを当時の私は考えていたのです。
歯並びが悪くなる原因を全て親のせい(遺伝)で片付けてしまいがちですが、遺伝の他に環境の要因が強くつながっていると言われています。
本来当たり前のことである「安静時の正しい舌の位置」「鼻呼吸」「正しい嚥下(ごっくん)の仕方」がなされていないことが、現在非常に多く、そのことが原因で本来その子が獲得できるはずの上下の顎の発育を妨げ、その結果、歯並びの不正につながってしまいます。ガタガタになった根本的な原因Myobrace矯正は、そのようなガタガタになった根本的な原因として、遺伝の他に、舌の間違った位置、口呼吸、間違った嚥下の仕方の3つを無視できないことに着目して、根本的な原因から正していく治療法です。口呼吸

悪い癖がお子様の健康に及ぼす悪影響
「舌の間違った位置」「口呼吸」「間違った嚥下」といった本人が無意識に行う悪い癖は、一見本人にとって居心地がよく感じており、癖を正すことは非常に困難だと言われています。
そして、実際は体全体にも悪い影響を与えています。
例えば、口呼吸ですと、鼻呼吸のようにフィルターを通してウイルス、細菌をろ過し暖かい空気を体に送るのでなく、乾燥した空気がフィルターを介さず体に送られるため、風邪をひきやすく、アデノイド、扁桃腺がはれやすく気道が狭くなりがちになります。口呼吸また、最近では、大人だけでなく「睡眠時無呼吸」が子供でも起きてしまう原因の1つに口呼吸があるのではないかと言われています。睡眠の質が落ちれば授業中眠くなったり、成長ホルモンにも影響を与えたり、と全身的に悪い影響もありえます。睡眠時無呼吸「歯のガタガタ」その背景には様々な全身の問題をかかえていることが多いのです。

Myobrace矯正では、専用のマウスピースを用いて、かつアクティビティといわれるトレーニングを行い、しつこい悪い癖を治す治療法です。
myobrace(マウスピース矯正誘導)は、全身への悪い影響を修正し、本来その子が獲得できるはずの健康を獲得するお手伝いをする、その結果、歯並びも良くなる方法です。睡眠時無呼吸ただし、Myobrace矯正は全てのお子さんに向いているとは言いません。
悪習癖の要素が弱く、遺伝の要素が強く影響した歯列不正の場合は、別の治療法が選択されることもあります。
重要なのは、事前の診査診断と考えています。
当院では、院長に加え、矯正専門医の無料相談も行なっておりますので、お気軽にお尋ねください。

Myobrace矯正のメリット
  • 歯を綺麗にして後戻りが少ない
  • 根本的な原因から治すので健康によい
  • 歯を並べるだけでなく、顎の骨格の正常な成長をサポートできる
※歯が生えるスペースができていても、歯が並びきらない場合もありますが、ワイヤー矯正時に抜歯矯正を避けれる可能性が高まります
私は、子供の頃から、ひどい鼻閉を持ち、鼻で呼吸が出来ず、結果口呼吸で生活していました。口呼吸がなんとなく良くないこととわかっていても、個性の1つかなくらいに軽く考えていました。

しかし、Myobraceの考え方に出会い、いかに体に悪影響を与えていたのか、自分の歯並びの状況を見返してみると口呼吸の結果生じている腑に落ちる点が非常に多く、自分が小さい頃にやっていれば、と思います。(MRC矯正自体は歴史もあり安心した治療法です、しかし私の子供の頃はまだ日本で浸透していなかった・・)

自分の子供にも診査診断の上で、必要と判断されたならば、自信をもって行える、痛くない、結果が出やすい、後戻りが少ない安全な治療法だと考えています。

ただし、当院ではmyobrace単独の治療に固執している訳ではありません。
お口の状況はお子さん一人一人異なります。お子さん一人一人に合わして、適切に診査診断の後、最適な治療法を提案できれば、と考えております。

診療案内


医院情報
みきえだ歯科
診療時間
【所在地】
〒509-5142 岐阜県土岐市泉町久尻616-14
駐車場5台完備


【最寄駅】
JR中央本線「土岐駅」より徒歩1分

【電話番号】
開院前につき
お電話でのお問い合わせは
現在ご利用頂けません

求人情報